本文へ移動
2024年6月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
3
1
9
0
3
6

山崎保育園のブログ

保育園の日常を綴ったブログです

RSS(別ウィンドウで開きます) 

2歳児クラス さくらんぼ組より

2024-06-21
6月21日(金) 二歳児クラス さくらんぼ組より

5月に入ってすぐプランターに種をまいたラディッシュ(赤カブ)、
6月5日にはじめての収穫、そして今週二度目の収穫をしました。

前回よりだいぶ大きそうなラディッシュが土からすこーし顔をのぞかせています!
保育者はまるまる大きなラディッシュを想像してウキウキ、
こどもたちは二度目とはいえ、残念ながら!一度にひとり一本ずつの収穫なので経験値は積み上がりません。

今回も葉っぱの先を引っ張って葉だけちぎれ「あれ?」と不思議そうな表情だったり、
根元をもって、「えいっ」と上手く抜けても小さなラディッシュだったり、中々上手くいきません。
ですが、中には大きなラディッシュも!「みーてー」と嬉しそうでした。

水道でこどもたちが洗い、今回の分は家に持ち帰りました。
ラディッシュの育つ様子、そして食卓に並ぶという貴重な体験ができました。

次はピーマンも控えています。プランターから目が離せません!

給食室より。

2024-06-19
6月19日(水) 給食室


こんにちは給食室です

今日は6月生まれのお友だちのお誕生会

今月は「メロンのケーキ」を作りました

赤肉と青肉の2種類を使用してみたところ、子どもたちから

「このきいろいのはなあに?かぼちゃ?」と言われてしまいました

安心してください、どちらもメロンです

6月生まれのみんな、おめでとう



1歳児クラス たんぽぽ組より

2024-06-14
6月14日(金)一歳児クラス たんぽぽ組


こんにちは、一歳児クラス たんぽぽ組です。
4月からは新しいお友だちが仲間に入り、
園の生活や先生になれるまで、泣いたり笑ったりと、
少々不安気なお友だちも多い日々でした。
今では保育室を活発に動き、楽しい声が聞こえ、元気に過ごしています。

6月になりました
♫き~ら~き~ら~ひ~か~る~♪
さ~さ~の~は~さ~らさら~♪と、
きらきら星や七夕の歌に合わせ、もうすぐ七夕だねと、
身振り手振り、手をたくさん動かしキラキラ~ッ✨七夕の雰囲気を味わっています。

今週は七夕飾りの制作をしました。
大きめの画用紙に好きな色のクレヨンを選び、思い思いになぐり描きをしました。
表面だけでは足らずに裏面へも紙いっぱい描く子もいるほどでした。
この紙が何に変身するのかはおたのしみ、、、✨
今度はシール貼りも取り組んで、七夕飾りを
こどもたちと楽しく完成させられたらと思います。

こどもたちのおねがいごとは何を思うのかな?
日々の姿を見ていると、ブロックほしいよ~車ほしいよ~と、
欲しい物いっぱいありそうです(笑)

七夕の夜空に、こどもたちの願いが届きますように✨

0歳児クラス つくし組より。

2024-06-03
6月3日(月) 0歳児クラス つくし組


こんちには!0歳つくし組です
4月からスタートしたつくし組。子ども達も今では保育園の生活にも慣れ、好きな遊びを楽しんだり、お部屋を探索したり活発に動き回っています。笑顔もたくさんみられるようになりました

先月には保育参観がありました
子ども達がどんな風に日中過ごしているのかを保護者の方々に見ていただき子ども達の様子を知ってもらう日です。
 乳児クラスは窓に目隠しを貼り、テラスから室内の様子を見てもらいました

朝の歌、触れ合い遊び、散歩の様子など子ども達はいつものように歌に合わせて手をたたいたり、身体を揺らしたり、お散歩では散歩車に揺られてスヤスヤ寝てしまう姿もそしてお食事の姿も、食べることが大好きな子ども達を見ていただいて終了となりました。日中の様子や子ども達との関わりを保護者の方々に知ってもらう大切な機会になったかなと思います

 これからも安心して毎日を楽しく元気に過ごせるようにしていきたいと思います
 子ども達からはお部屋の窓にかわいいそら豆くんがたくさん登場した目隠しが見えていました(画像参照)

おや?窓から覗いている先生はだーれだ?



給食室より。

2024-05-31
5月31日(金) 給食室より


こんにちは給食室です

今日のお昼のメニューで「そら豆のから揚げ」を作りました

そしてこのそら豆は4歳児クラスのお友だちがさや出しをしてくれたもの

みんなが大好きな唐揚げに添えてみました

春野菜は苦味や青臭さが強めで(それが春野菜の特徴であり醍醐味なのですが)保育園児にはどうしてもハードルの高い食材です。

だけどこうして揚げ物にしたりすると不思議と食べられることも多いんですよ

・・・それでも食べれらない子はいますが、無理強いして食べさせるようなことはせず、友達みんなと栽培やさや出しなどの作業を楽しむことで、苦手な野菜などにも愛着が持てるようになり、いつの日か「ちょっとだけ、食べてみようかな」と子ども自身が思えるような食育を保育園では心がけています



※当サイトに掲載されているすべての画像・記事等の無断転用・無断掲載はご遠慮下さい。
TOPへ戻る