本文へ移動
2019年2月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
1
5
8
1
0
8

山崎保育園のブログ

おもに保育と給食についてのブログです★

RSS(別ウィンドウで開きます) 

3歳児クラス どんぐり組より。

2019-02-23
こんにちはきらきらどんぐり組です口を広げてにっこりした顔
節分も過ぎ、暦の上では春となり寒い日々の中にも暖かい日差しを感じられる事が多くなってきましたね太陽
さて、そんな中、最近のどんぐり組はお散歩へ出かける事が多くなりました音符

先日はモノレール沿いを歩き、一つ先の湘南町屋駅付近まで行ってきました!!
モノレールの高架下を歩き、モノレールに手を振りながら何本も見送りました。
行ったことのない細い道を歩いたり、長い階段を登ったり、子ども達も『冒険音符冒険音符』と言いながら楽しく歩いています。
帰りはさすがに疲れた様子も見られますが、歌をうたったり、『どんぐりパワー!!』と友達と励まし合ったりしながら歩く姿が本当に微笑ましいです目がハートになっている顔
4月当初に比べ、歩ける距離がぐーーーんと伸びたどんぐり組きらきら
これから暖かくなりますますお散歩が楽しい季節!!
みんなで新しい発見をしながらお散歩を楽しんで行きたいと思います!!

2歳児クラス さくらんぼ組より。

2019-02-18
こんにちは、さくらんぼ組です口を広げてにっこりした顔
毎日寒い日が続いていますね。まだまだインフルエンザなどが流行っていますが、さくらんぼさんは
感染症が広がることなく元気に過ごしていますきらきら
2月と言えば、節分ですね。
子ども達は「せつぶんって何だろう?」と素朴に疑問を持ったりしていました。
「おにくる?おにやだー!」と言い出す子がちらほら...。
日頃、元気いっぱいの子どもたちもさすがに鬼が登場すると
「イヤーまいった顔汗キラーイ!!あっちいけー!!」と涙が出てしまうほど怖がっていました汗
しかし、泣いてばかりでなく勇気を振り絞って投げた豆は本当に強いパワーを感じさせられました赤いびっくりマーク赤いびっくりマーク
 
先日は大きな行事の一つでもある、生活発表会がありました。
昨年までは泣いていたり、あまり一人一人が表現をすることは難しい所もありました。
さくらんぼさんになって、昨年よりも一人一人が大きく成長をし、うたや踊り、保育士とのやりとりなど、
可愛くもあり自分らしさを表現できた楽しい会となったと思います点滅している星
鬼を退治した強いパワーと、一回り成長した子どもたちの今後を楽しみにしていきたいと思います上に曲がる右矢印(赤)
 

2月お誕生会より。

2019-02-19
給食室より

 
今日は2月生まれのお友だちの誕生会でした色とりどりのきらきら
 
15時のおやつは偶然にもバレンタインデーということでそれにちなんで「ココアケーキ」です2つのハート
 
みんな大喜びきらきら
 
 
2月生まれのみんな、おめでとうバースデーケーキ
 

 

1歳児クラス たんぽぽ組より。

2019-02-09

2月7日(木)
こんにちは!たんぽぽ組ですきらきら
寒さやインフルエンザに負けず毎日、元気に登園しています!
体も心も少しずつ大きくなり、言葉数もぐんと増えて先生や友達とのやり取りを楽しんでいます。
最近ではごっこ遊びをする姿が増えてきました口を広げてにっこりした顔
「おなかが痛いです汗」と患者さんになる子、「お薬です!」とお医者さんになる子と病院ごっこが始まります。
お風呂ごっこでは、初めは先生とブロックで一人用のお風呂を作る遊びをしていましたが、
ハンカチで「ゴシゴシシュッシュ!」と体を洗う遊びへと発展きらきら
そして、友達と大きいお風呂を作って一緒に入る遊びへと段階を踏んでいきました。
時には自分の思い通りにならなくて友達同士ぶつかり合うことも多々ありますが、
「友達と一緒が楽しい!嬉しい!」と気持ちをあじわいながら過ごしています。
たんぽぽ組には小さな先生が現れます目がハートになっている顔
「〇〇ちゃん!絵本見るよ~!!」と口調だけでなく、正座をして絵本の持ち方まで真似をする子がいますギクッとしたマーク
未来の保育士がここに赤い感嘆符と疑問符
子どもは良く大人を見ていますね。日々言葉遣いや行動に気を付けていますが、改めて気持ちがが引き締まる一時でしたきらきら
 
 

0歳児クラス つくし組より。

2019-02-01
1月31日(木) 0歳児クラス つくし組より
1月になって本格的に冬らしい日が増えてきましたね。
つくし組はクラスで一番年下だったお友だちも満1歳になり、全員が一日を同じリズムで過ごすようになりました。
たくさん歩いたり、全身を大きく使って遊ぶことはまだ難しいですが、風の無い日は暖かい日なたでなるべく外遊びをするようにしています。
はじめは砂や土の感触に馴染めずに泣いていたお友だちも、何度かの経験を重ねていくことで「はやくあそびたい~」とウズウズするようになりましたウィンクしたニンマリ顔
今では担任がお散歩の準備を始めると「おさんぽいくのかな」という感じで自分の帽子を指さししたり、テラスに向かって歩き出したり上に曲がる右矢印(赤)
それぞれが自分の気持ちを身振り手振りや片言の言葉で表現できるようになってきました。
月齢の高いお子さんでは、もう靴下を自分で履いたりすることもできるんですよきらきら
子どもたちひとりひとりの「じぶんでやりたい!」という気持ちを大切に受け止めながら、これからも色々な経験を一緒に積み重ねていけたらと思います赤いびっくりマーク

 
※当サイトに掲載されているすべての画像・記事等の無断転用・無断掲載はご遠慮下さい。
TOPへ戻る