qrcode.png
http://www.k-roufukukyo.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

 

給食と食育

 

給食について

給食について
 
 
乳幼児期の心身の発達は著しいものです。山崎保育園では、集団の中で基本的な『食』を学ぶ場として、厚生労働省によって定められている「保育所における栄養給与目標」を基準にすべてのクラスで年齢に応じた主食・主菜・副菜・汁物・おやつの完全給食を実施しています。
また、食物アレルギーをおもちのお子様にも出来る限りの対応を致しますのでご相談ください。
 
 
 ・主食のお米は100%富山・石川・秋田県産米を使用しています。その他、麺類・パン類の献立もあります。また、季節の混ぜご飯や変わりご飯、行事等の時にはチャーハンやオムライスなども提供します。
 
  ⋆山崎保育園では0~2歳クラスまで給食費は実質無料(保育料に含まれます)、3~5歳児クラスでは月額1400円の主食代が別途かかります。詳細はお問い合わせください。
 
  ・15時おやつも主に手作り中心のものです(月に1~2回程度、保育所専用に作られている袋菓子のおやつになることもあります)。その他、行事の時には手作りケーキやプリンなどもあります。
  ・長時間延長保育(19時以降のお迎え)にともなう夕食も提供します(有料)。詳細は園まで直接お問い合わせ下さい。
 

食育への取り組み

食育への取り組み
 
山崎保育園の周辺は豊かな緑に溢れ、園児たちは毎日のようにたくさんの自然と触れ合っています。
そういった恵まれた環境の中で、私たちは「食」を通じて子供たちに伝えたいこととして、以下の4つのテーマを持って各年齢ごとに合った『食育』に取り組んでいます。また、各年齢の発達と成長に沿った「調理保育」も積極的に行っています。特に、年長児クラスでは包丁やホットプレートなどを使用した本格的な調理保育を行っています。
 
食材にふれあう(食材に慣れ、興味を持つ)
園の畑で食材を育てる(世話をして愛着を持つ)
育てたものを収穫し、実際に食べたり調理してみる(収穫を皆で喜び、楽しむ)
食事にまつわる文化やマナーを知る(季節の行事や旬、お箸の持ち方や食事の姿勢など)
 
おうちの方へ
『食』は『生』への貴重な糧です。朝はしっかり食事をとって登園し、日中に充分な活動が出来るようにしてくださいね。また、食育は園のみで行うものばかりではなく、おうちの方々との連携が欠かせないものです(特に幼児期からのお箸の持ち方や食事中の姿勢など)。お食事の時間が子どもたちにとって楽しい時間となりますよう、ご協力をお願い致します。
 
 

調理保育の様子

調理保育の様子
社会福祉法人 
神奈川労働福祉協会
〒221-0046
神奈川県横浜市
神奈川区神奈川本町21-11
────────────――――
1.保育所[小鳩保育園]
  の設置経営
  (1968年11月より)
2.保育所[横浜市かながわ保育園]
  の受託経営
  (2002年4月より)
3.保育所[矢向保育園]
  の設置経営
  (2006年4月より)
4.保育所[山崎保育園]
  の設置経営
  (2008年4月より)
5.保育所[上永谷保育園]
  の設置経営
  (2013年4月より)
6.保育所[小鳩保育園・分園]
  の設置経営
  (2014年4月より)

────────────――――
127822
<<社会福祉法人 神奈川労働福祉協会>> 〒221-0046 神奈川県横浜市神奈川区神奈川本町21-11 TEL:045-534-9434 FAX:045-534-9435