本文へ移動
2018年10月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
4
9
2
1
3

給食と食育

給食

保育園の給食
 
①給食内容
主食・おかず・汁物
☆主食は、炊きたてで温かいごはん(胚芽米)を用意します。
  ごはん以外に、うどん等の麺類、パン、季節の炊き込みごはん等バラエティー豊富な主食を用意します。
☆昔から伝わる伝承食(七草がゆ、柏もち等)を取り入れます。
おやつ
 ☆手作りおやつを心掛けています。
  季節、行事に合わせて楽しいおやつを考えています。
食材・味

※放射線量についての対応は、別紙でお知らせいたします。

(何かありましたら園長まで)
 
 安全な食材を選び、衛生的に調理します。

 

 ☆旬の食材を取り入れ季節感を伝えます。
 ☆素材の味をいかして薄味を心掛けます。
 ☆色々な食材、味、料理を取り入れます。
 
アレルギー対応食について
 医師の診断書が必要になります。(事前に保育園で面談も行います)
  診断書が出た後、それをもとに再度細かい食事内容についての面談
  年に2回(原則)、担任・栄養士と行います。
 
0歳児のミルク・母乳について
 ()ミルクについては個々のリズム(成長)に合わせて与えます。
 ☆冷凍母乳を希望される方はご相談ください。
 
②保育園では
 ☆一日に必要な栄養量の、乳児50%・幼児40%を目標に献立を立てています。
  補食は10%、夕食は40%を目標にします。
 ☆こども達が少しでも食べ物に親しみ、興味を持ち“食べること”の喜びを知り食生活の自立をめざします。
(食べやすい調理の工夫、個々の食欲を大切にする。栽培、調理保育を通して食材に興味を持つ)
 ☆玄関に離乳食・幼児食のサンプルを展示します。
 
③家庭では
  ☆朝食は必ず食べてから登園しましょう。
 ☆規則正しい食事時間にしましょう。
 ☆薄味を心掛けましょう。
 ☆楽しい食事を工夫しましょう。

 
TOPへ戻る