qrcode.png
http://www.k-roufukukyo.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

 

上永谷保育園のブログ

 

上永谷保育園のブログ

上永谷保育園のブログ
フォーム
 
5月お誕生日会でした!
2017-05-22
 5月19日はお誕生日会でした。
おやつのメニューは「小豆と抹茶の和風マフィン」
生地に抹茶を混ぜ込み、甘納豆を乗せました。
抹茶が苦手な子がいるかな?と心配でしたが、みんなよく食べてくれました
アレルギーの除去対応食は、小麦粉、砂糖、抹茶、ベーキングパウダー、甘納豆、サラダ油、水で作りました。こちらも完食!
5月生まれのみんな、おめでとう
 
誕生会
2017-04-24
 4月21日(金)は誕生会でした。
 今月の誕生会メニューは、”さくらまんじゅう”です。丸めたあんこを生地で包み、さくらの塩漬けをのせて蒸かしてできあがりほわほわのおまんじゅうができました
 
防災訓練
2017-03-23
 今日は防災訓練を行いました。普段から月に一度の避難訓練は行っていますが、今回はより本格的な訓練です。
 
 午前10:00、震度6弱の地震が発生し、電気・水道・ガスが止まったという想定でスタートです。
 普段の避難訓練で子どもたちも慣れたもの。室内で遊んでいた幼児さんたちはすぐに机の下に潜り込み、園庭で遊んでいた乳児さんたちも園庭中央に集まって建物の崩落や落下物に備えていました。揺れが収まったら、全員園庭に集合してその後の動きを説明します。
 普段の避難訓練はここで終了ですが、今回はもう少し続きます。
 
 園舎は無事だったという想定で、入室後は全員がうさぎ室ときりん室で過ごしますが、ライフラインが止まっているので室内はまっくら。灯り外からの光だけです。保育者のひとりがタンバリンを持ち歩き、ときどき余震を起こします(子どもたちには“タンバリンが鳴ったら地震が起きた合図だよ”と伝えてあります)。すると遊んでいる途中でもすぐに避難行動に移る子どもたち。
 ライフラインが止まっているので、給食も非常食のカレーを食べました。普段とは少し違う味付けのカレーですが、もりもり食べていましたよ食べ終わる頃にはライフラインも復旧し、防災訓練終了です。
 
 子どもたちは、普段と違う雰囲気を敏感に感じ取っているのか、楽しそうに遊びながらも、常に耳は大人の声を聞いていて、保育者がみんなに向けて話し出すといつも以上に真剣に聴いてくれるのでした。ひとつひとつの避難行動も迅速で、これなら本当に地震が起きても、落ち着いて行動ができそうです
 保育者のほうも、今回の訓練で様々な課題をはっきり確認することができました。
「さっそく今日の職員会議で話し合おう!」と気合を入れております
 
ひなまつり
2017-03-09
 3月に入りましたが、暖かくなったかと思えばすぐ寒さが戻り、本格的な春まではもう少しかかりそうな気配ですね。
 
  さて、上永谷保育園では、先日ひなまつり会食を開きました。
 ペープサート(紙製人形劇)で簡単なひなまつりの由来を話すと、みんなフムフムと興味深そうに聞いていました。その後は各クラスお手製のひな人形を紹介。各年齢の発達に合わせ、描く・貼る・はさみで切るなどの活動を設定して作ったのですが、どのクラスもその年齢ごとの「らしさ」があり、可愛らしいひな人形が紹介されましたよ。
 
 ひなまつり”会食”なので、お昼ごはんはきりん室とうさぎ室をつなげて、保育士や調理師も含めてみんな一緒に食べます。メニューも野菜の和え物の味付けや、すまし汁に入れるお麩の形を自分で選べるミニビュッフェ形式。どちらにするかなかなか決まらない子も、悩む姿が弾んでいて楽しそうです。会食の配膳や年少クラスの誘導はぞう組さんが中心となって進めてくれたのですが、お皿の運び方もテキパキと手際よく、さすがの一言。すまし汁の菜の花には苦戦する子もいましたが、みんなモリモリとよく食べていましたよ。
 
 おやつも豪華で、パンの上に生クリームたっぷり。てっぺんにはイチゴ。最後にひなあられを散らした和洋折衷のケーキです。フワフワクリームとサクサクひなあられの二種類の食感と甘さが楽しめて、子どもたちにも大人気でした。
 
法人五園交流遠足
2017-03-04
 ぞう組さんが遠足に行ってきました。し・か・も、ただの遠足ではありません。上永谷保育園を含めて5園の年長さんが集まる法人交流遠足です。
 
 少し強い風の中、ワクワクしながら地下鉄で桜木町へ!総勢100名近い年長さんが野毛山公園に集います。
 公園では他園の子と混合のグループで、定番の鬼ごっこや花いちもんめなどを楽しんだり、公園の中を探検したり、園対抗リレー大会を開いたりとたっぷり遊びました。その後は遠足のお楽しみ、お弁当タイムです。みんなおいしそうなお弁当を自慢げに見せてくれましたよ。
 
 食べ終わったら解散……ではありません。ここから野毛山動物園を見て回るのです
子どもたちはお弁当を食べて体力全回復!大人たちは若干ヘロヘロになりつつ、ライオンやトラ、チンパンジーにクマなど、色々な動物を見て回りました。
 
 帰路は歩く距離を少なくするため、電車とバスを乗り継いで戻ってきたぞう組さん。
「楽しかったよー!」と元気そうに報告してくれるものの、さすがに体力を使い果たしたのか、敷いてあったお布団に潜り込むとすぐに寝息が聞こえてくるのでした。
 今日はたくさん楽しかったね。ぞう組さんお疲れ様。
1
   
 ※当サイトに掲載されているすべての画像・記事等の無断転用・無断掲載はご遠慮下さい。
社会福祉法人 
神奈川労働福祉協会
〒221-0046
神奈川県横浜市
神奈川区神奈川本町21-11
────────────――――
1.保育所[小鳩保育園]
  の設置経営
  (1968年11月より)
2.保育所[横浜市かながわ保育園]
  の受託経営
  (2002年4月より)
3.保育所[矢向保育園]
  の設置経営
  (2006年4月より)
4.保育所[山崎保育園]
  の設置経営
  (2008年4月より)
5.保育所[上永谷保育園]
  の設置経営
  (2013年4月より)
6.保育所[小鳩保育園・分園]
  の設置経営
  (2014年4月より)

────────────――――
121386
<<社会福祉法人 神奈川労働福祉協会>> 〒221-0046 神奈川県横浜市神奈川区神奈川本町21-11 TEL:045-534-9434 FAX:045-534-9435