本文へ移動
2020年10月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
2
0
8
1
1
4

上永谷保育園のブログ

上永谷保育園のブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

『ぞうぐみ はっぴーでー☆』

2020-08-12
 毎年7月上旬に行われている年長ぐみのお泊り保育。
今年は新型コロナウイルスの影響もあり、残念ながら園外保育とお泊まりは中止に。代わりに“年長ぐみだけのスペシャルな一日を楽しむ日”ということで、子ども達と一緒に名前を考え『ぞうぐみはっぴーでー☆』と命名。お泊まり保育とはまた違った一日を楽しみました。
 
 まずはTシャツ作りからスタート!
白いTシャツを水で濡らしてから、好きな場所を輪ゴムで縛ります。最初は苦戦していた子どもたちも、コツをつかむと「どこにしようかな~」「こっちも縛ってみよう」と、どんどんノリノリに♪
次はいよいよ染める作業です。染料は黄色とスカイブルーの2色!ペットボトルに入れた染料をTシャツにかけていくのですが、色が混ざり黄緑になると「おぉ~」と歓声が☺
 しばらく時間をおいて…『さあ輪ゴムを取ってみよう!』「模様ができてる~」「キレイだね」と、世界で一つだけの自分のTシャツにニッコリ笑顔の子ども達でした。
 お昼は、お家の方が作ってくださったお弁当を園庭で食べましたよ!
お昼寝をしておやつを食べたら、部屋の飾りつけをして、いよいよパーティーの始まりです。
夕食はセルフバーガー!自分たちで好きな具材やソースを挟んで作りましたきらきらポテトやジュースも付いて「ハッピーセットみたいだね!」と大喜びでしたよ。
食後は花火のサプライズ。心配されたお天気もなんとか持ちこたえてくれました。
 
 そして最後は待ちに待った探検です。
2~3人のグループごとに出発!真っ暗な中、指令にしたがって進んでいくとそこには池が…。グループで力を合わせて、池の宝を釣りましたよ。宝の中身はTシャツ(寝ている間に洗って乾燥させました)とお揃いのキーホルダーでした☺
 
 アイスを食べながら楽しかった一日を振り返り、出来上がったTシャツを着て降園。お迎えに来たお家の方を見つけると、どこかホッとしたような、そしてちょっぴり誇らしげな表情でしたよ!
 
 クラスみんなで考えたり準備をして迎えたはっぴーでー☆様々な経験を一緒にしたことで、クラスとしての仲間意識も強くなってきています。保護者の皆さんにご協力していただいたおかげで、楽しい一日を過ごすことができました。お弁当の準備、早めの降園のご協力等、ありがとうございました!!

今年もかいこがやって来ました!

2020-07-25
(注意:虫の写真があります。苦手な方はご注意ください)
 
 
 
 
 
 
 
こんにちは。
梅雨明けの便りが待ち遠しいですが、皆さんお元気ですか?
上永谷保育園では、毎年年長クラスでかいこを育てています。
今年は新型コロナウイルスの影響もあり、例年より一か月遅れでスタート!!
 
6月23日 黒いものが卵です
6月25日 続々と生まれました!
小さいうちは、人工飼料を食べて大きくなります。
6月30日 黒い体が、だんだん白くなってきました!
たくさん食べて、脱皮を繰り返して(全部で4回脱皮します!)、どんどん大きくなります。
毎日変化していく姿に、子どもたちも興味津々です。
桑の葉を食べるようになってからは、成長のスピードも速くなり、愛着がわいてきた様子の子ども達。
毎日のお世話が日課になりました。「静かにすると、バリバリって音が聞こえるね~」と、かいこが葉っぱを食べる音に気がついたり、「色が変わってきたね!」とかいこの変化に気付いたり… 観察しながら、日々の成長を楽しんでいます♪
7月下旬には繭を作り始めましたよ。綿の様にふわふわの糸にビックリ!「やわらかいね~」とニッコリ笑顔の子ども達でした。
*ご覧になりたい方は、ぜひ職員までお声がけ下さいね!

しゃぼん玉、飛ばそ!

2020-05-25
保育室は毎月、子どもたちが作った作品を飾っています。
今は新型コロナウイルスの影響で登園も少ないので、2~5歳児が作ったものを合同で飾りました。2・3歳児はクレヨン、絵の具を使ってはじき絵を、4・5歳児はマーブリングで模様をつけシャボン玉を作りました。
 
はじき絵では、クレヨンで描いた上から絵の具を塗ると、はじいていく様子が面白くて何度も重ね塗りを楽しみ、マーブリングでは、水に垂らしたインクの上から紙を持ち上げるたび、出てくる様々な模様に大喜びでした。
シャボン玉のほかにクレヨンで自分の顔を描き、洋服や手足をのり付け。自分自身を作って一緒に飾り完成です。シャボン玉をたくさん飛ばし、楽しそうな子どもたちの壁面ができました。

乳児の保育の様子

2020-03-25
こんにちは。
今日は1歳児りす組の室内遊びの様子をご紹介したいと思います赤いびっくりマーク
 
最近は見立てあそびや再現あそびを好んでいる子どもたち。
マジックテープがついているキャップを食べ物に見立てて、牛乳パックで作った包丁で切ったり、切った物をまたくっつけたり…と繰り返し楽しんでいます。
 
手指の力もついてきました
大根や人参みたい!
またつけてみよう♪
切ったキャップを使って、パーティーのスタート!!
たくさんの料理が並びましたよ~♪
身近にあるペットボトルキャップや牛乳パックも、少し手を加えるだけで楽しいおもちゃに変身!
お部屋でも色々な遊びを楽しんでいるりす組です

節分集会

2020-02-04
 2月3日(月)節分集会がありました。
 乳児クラスは、ぺんぎん組のお部屋にりす組とぺんぎん組が自分で作った鬼の面をつけて集まりました赤鬼
節分の行事についてわかりやすく聞いた後、壁に貼ってある自分たちで塗った鬼たちに、新聞紙で作った豆で豆まきをしました。最初はちょっと怖がっている様子の子もみんなと一緒に元気よく豆まきをしていました。
 幼児クラスは、自分たちで作った鬼の面をつけてクラスごとに集まりました。自分たちで作った鬼の面の紹介をした後、節分の由来を聞いて、鬼の嫌いな本物のイワシや柊の木も見ました。
幼児クラスは、5歳児と保護者が保育参加で作った鬼に向かって、3歳児、4歳児、5歳児の順で豆まきをしました。
廊下でしばらく絆創膏を貼った鬼たちが佇んでいたら、子どもたちが鬼たちに「痛かった?」と聞いている姿がありました。とてもかわいらしかったです2つのハート
TOPへ戻る